だらけ人の迂回路

美味しいを分かち合う。

キッチンいさつ/ナポリタン、他

f:id:natsuki_natsu:20190515213523j:image

ナポリタン(大盛り)。

ずっと気になってた埼玉の老舗デカ盛り洋食店。フラッグシップは総重量1.5kg超と言われるカツカレー大盛りらしいけどそれはちょっと自信がないのでナポリタンで様子見。

これが予想外に美味い。いや悪い予想をしてたワケじゃないんだけど、思ったほどケチャップとかウスターみたいなわかりやすい味じゃなくて、どちらかというとデミ感のある洋食屋さん味だったことに少なからず驚いた。味の濃さもちょうどいい。

柔めの麺ともそっとしたグリーンピースにどこか懐かしさも覚える。前日夜に激辛担々麺を食べてまだ胃腸にダメージが残ってるはずなのに余裕の完食。良いお昼ごはんだった。

f:id:natsuki_natsu:20190516123319j:image

そしてこれは翌日に食べたオムカレー(大盛り)。2日続けて何をやっているんだという気持ちはある。

どうしてもカレーを食べてみたいけどオムライスも気になるということで折衷案チョイス。ちょっとしたお昼寝用枕くらいのサイズだ。ポムの樹のLサイズと同じくらいかな。

カレーはドロっと濃厚で美味い。意外とスパイシー。オムライスは中のチキンライスが鉄鍋で炒められてるようで香ばしさがあってこれも美味い。こういうの好きっす。

機会があったらカツカレー大盛りにもチャレンジしてみたいね。でも痩せたい気持ちもあるんだ。ぐぎぎ。

粘土工房 無地/カレーライス

f:id:natsuki_natsu:20190512225834j:image

カレーライス。

飯能市街から有間ダム方面へ進んでいると見える「おいしいカレーあります」の看板のお店。民家をベースにした隠れ家カフェって感じ。

f:id:natsuki_natsu:20190512230211j:image

ベランダに出るとテラス席になっていて目の前は青々とした木々、すぐ下は小川が流れている。すごいロケーションだ。お腹も空いてくる。

本題のカレーはじっくりと煮込まれていてまろやかで甘みがあり美味い。コクがあるのに脂っこくないのでバクバクいけてしまう。優しい味だわ。

あと面白かったのが付け合せのピクルスにスライスされたニンニクがあったこと。ニンニクのピクルスなんて初めてだったけど、まろやかになりつつ生っぽい食感と微かな辛味があって美味かった。

f:id:natsuki_natsu:20190512230828j:image

そしてこれはおまけでいただいた自家製のパン。カリッとしてフワっとして甘くてあったかくて最高に美味すぎる。次はパン食わなきゃダメなやつだこれ。

店名に粘土工房ってついてるから焼き物の展示とかもあったのかもだけど、この日はあまり時間がなくて店内をちゃんと見れなかった。今度は棒ノ嶺あたりに登って帰りにでもまたここで休憩させてもらおう。

やぶ好/大もり

f:id:natsuki_natsu:20190511000633j:image

大もり。またの名をもりそばの大盛り。いいビジュアルだ。

わりとコシがある麺。噛むとわずかにムギュッと押し返してくる食感が心地いい。ワサビを乗せてすすると最高に美味い。ネギの清涼感も合う。最近特に思うんだけどちゃんとした薬味って嬉しいよね。

ツユはわりと辛めでしっかり味。そばの三分の一あたりまでつけるくらいでちょうどいい。かなりかつお出汁が効いているようで、最後にそば湯を注いだら急に出汁感が立ってきてビックリした。超うめがった。

なんか最近大いなる意志に導かれてるかのように美味い蕎麦屋に出会いまくってる気がする。そのうち蕎麦屋で一人飲みとかもやってみたいなぁ。

そば処 てらじま/カツ丼ともり蕎麦セット、他

f:id:natsuki_natsu:20190508020819j:image

日替わりセットのカツ丼ともり蕎麦。

注文が通ってからカツを揚げる音が聞こえてくるのが素晴らしい。この時点で約束された勝利でしょこんなの。

出てきたカツ丼は当然のようにかなりレベルが高い。揚げたてカツがいい食感なのはもちろんなんだけど、カエシの味が絶妙。マジ美味。甘すぎず辛すぎずで非常に僕好みだ。

蕎麦も非常に美味しい。しっかり冷やされていて喉越しが気持ちいい。このつゆには辛味が合う。わさびとネギとのコンビネーションがシンプルに最強。

実は卓上に美味しそうな七味があったのでカツ丼にかけてみようと思ってたのにすっかり忘れてそのまま食べきってしまったので次こそは忘れずに試さなければならない。

【追記】

実はこのあとわりとすぐに再訪した。

f:id:natsuki_natsu:20190517011956j:image

冷やしごまだれうどん(大盛り)。

蕎麦屋さんでうどんってどうなのかと思いながらも気になったので注文。端的に言って大当たりだった。美味すぎる。

つゆは練りごまが効いたコクの深い味。なんとなく郷土料理の冷や汁っぽい感じもある。んでうどんがもう見ての通りつやっつや。舌触りも噛みごたえも喉越しもトップクラス。

こんなの食べちゃうと次回から蕎麦にするかうどんにするか悩ましいわ。

二八そば 砂場/天ざる

f:id:natsuki_natsu:20190503083101j:image

天ざる。

とにかく蕎麦が美味い。透き通った味がする。場所的にそんなに水が美味いとこでもないはずなんだけどすげえ美味しい水の味がするのが不思議。これは過去に食べた中で5本の指に入るわ。

天ぷらも揚げたてで超美味い。そして油が軽い。つゆにつけてもそんなに油浮いてこないんだけどなんか工夫されてるんだろうか。

最後に蕎麦湯で綺麗に締めて最高のコース料理を食べた気分になった。令和初の外食がこれとは幸先いいわ。

あげてんや/一本穴子と海老天丼

f:id:natsuki_natsu:20190430161250j:image

一本穴子と海老天丼(大盛り)。

天ぷらは穴子、海老、鶏肉、茄子、カボチャ、ピーマン。僕の好きなものを超能力で読み取ったのかというくらい良いチョイスで嬉しい。

しかしとりあえずアレだ、タレが美味い。天ぷらにもご飯にも合うって地味にすごくないか。この濃厚な甘さが大好きなんよ。しかもこのお店はご飯に惜しげもなくタレをかけてくれているのでポイント高い。

そしてやっぱ海老天が別格で美味いね。天ぷら屋さんの海老天て言わばトップアイドルだもんね。サクッと衣の中からプリフワッとした海老が出てくるとサイリウムを振りたくなる。

今月は胃腸炎をやったり仕事が忙しかったりであんまり外食ができなかったんだけど、平成最後の日に美味しいものが食べられてよかった。

でもまぁ元号が変わっても特に変わらず美味いものを食べ続けていきたいと思います。

ナイトフライ/ザ・モルトマン トバモリー21年

f:id:natsuki_natsu:20190327010634j:image

ザ・モルトマンのトバモリー21年。グラスがすでにほぼ空っぽやんけとか気づいても言わないこと。

いわゆるボトラーズのウイスキー。とは言ってもオフィシャルとの違いは僕にはよくわからない。オフィシャルで同じ年数のものよりはちょっと安いのかなくらいの感覚で飲んでる。

久しぶりに味わう長期熟成、まろやかで香り高い。10年とかそこらの若いのと違って舌触りがとろっとしてるのが明確にわかる。トバモリーはノンピートらしいのでクセがなく、飲み込んだあとも口の中で優しく香りが開く感じでとても美味い。

正直チェイサーいらないんじゃないのってくらい飲みやすいんだけどアルコール度数的には50度オーバーで水飲まないと死ぬやつだから気をつけようね。