読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だらけ人の迂回路

美味しいを分かち合う。

頑者/特製ラーメン濃厚

f:id:natsuki_natsu:20170511235940j:image

特製ラーメン濃厚(大盛り)。

いろんな種類のチャーシューが乗ってて楽しい。どれもこれも美味い。

あとネギが特に美味い。なんか香りついてるなこれは。食べたときはあっアレかなって思ったんだけど時間が経ったから忘れてしまった。

もちろん麺もスープもおいしかったんだけど、このラーメンは特に具の一つ一つにこだわりが見えてよかった。

なりたけ/みそらーめん

f:id:natsuki_natsu:20170425150113j:image

みそらーめん(背脂普通)。

去年ラーメン大好き取引先営業さんが熱く語っていたお店。千葉のお店だと思ってたけど池袋で見かけてしまったので突撃です。

噂に違わぬしょっぱさ味の濃さ。ラーメンのスープというよりは味噌そのものに背脂の茹で汁ちょっと足しました?ってレベル。でも美味い。旨味と塩味の暴力でヤミツキになる。個人的には割りスープが必要になるほどではなかった。

f:id:natsuki_natsu:20170425151007j:image

麺は中太のストレート。そんなに縮れてないけどスープに粘度があるのでよく絡む。まぁ正直スープのパワーが強すぎるので麺の味がどうとかいう感想は特にない。

かなり気に入ってしまったので後半「このスープひと口で何kcalだろう……」と悩みながらもスープを飲みまくった。そして罪悪感から仕事帰りに一駅分歩いた。もう少し自制心を鍛えてからまた行きたい。

マルタマ/中華そば

f:id:natsuki_natsu:20170430155227j:image

中華そば。

県外からの観光者も食べにくるという十文字ラーメンの名店。らしい。

こういうのが「中華そば」と呼ばれるのか、と唸ってしまう味。あっさりしたスープは出汁感が強くて油味がなく、まるで蕎麦つゆのよう。こいつはきっとかけそばの血縁者だ。

麺も一般的な中華麺ではない。かんすいが使われていないのだろうか。何に似ているかというとややコシのある冷や麦に近い気がする。

このスープと麺の組み合わせがやたらと美味い。スルスルと口に入ってきて止まらない。具のお麩もスープをたっぷり吸ってふわっふわでおいしい。食欲のブレーキが故障する。

実はここに来る前に仕出し弁当を一つ食べたばかりだったのだけれど「あっさりしてるから大丈夫!」と押し切られて連れてこられた。まさかの真実だった。

 

麺創房 無敵屋/本丸麺

f:id:natsuki_natsu:20170426145726j:image

本丸麺(大盛り)。大盛り無料と言われると大盛りにしてしまう悲しいサガよ。

いっつも尋常じゃない行列ができてる南池袋のラーメン屋。通りがかったら奇跡的に誰も並んでなかったので吸い込まれるように入った。

背脂たっぷりのスープはコクがあるのにスッキリしている。豚骨の旨味がしっかり出ていて、なおかつ香りは上品なので万人受けしそう。

f:id:natsuki_natsu:20170426150420j:image

しっかしこのラーメンの真髄は麺だね。麺が美味い。啜るときはプルっとして噛むとモチっとする。すごい。つけ麺ならまだしもラーメンを食べて麺が美味いと思うことはそうそうない。んでもってこの麺の美味さをスープが邪魔しない。計算ずくか。悪女か。

正直スープと具まではあんな行列になるほどか?って思ったけどこの麺ならわからなくもない(僕は基本的に並んでまでご飯をたべることはないけれど)。

また食べたい。夜中だと空いてるらしい。フラグが立ったかもしれない。

富士そば/冷やし肉富士


f:id:natsuki_natsu:20170406142723j:image

冷やし肉富士。肉富士は富士そばの看板メニューだけど、実は冷たいバージョンは4〜9月の限定メニュー。

お肉に豆板醤かけますかって言われたからいりませんって答えた。じゃあわさびはいりますかって言われたからそれもいりませんって答えた。なんとなく周囲の視線を感じた。お子様舌じゃねえ。辛いのが不得意なフレンズなだけだ。

富士そばの冷たいお蕎麦はかな〜り久しぶりに食べたけど意外と麺がしっかりしてて美味かった。カエシがちょっとしょっぱいけど夏が近づいて今よりもっと暑くなったらこれくらい塩分強いものが欲しくなるんだろうなぁ。

浮浪雲/二代目中華そば

f:id:natsuki_natsu:20170419123840j:image

二代目中華そば(特盛り)。

スープのひと口目から鶏が全力で主張してくる。この見た目でこの鶏力(にわとりりょく)は若干びっくりする。イメージの噛み合わない美味さ。見た目から予想する味と現実がフィットしなくて「んあ?」ってなる。こういう驚きを重要視していきたい。

麺はストレートの太麺でかなりしっかりめ。とても食べ応えがある。固茹でじゃないんだけど最後まで伸びず食感があまり変わらない。すごい。

ちなみに麺を食べ終わってから改めてスープだけ飲むと最初と違って鶏よりも魚介や乾物っぽい旨味を感じる。これがグルタミン酸イノシン酸シナジーってやつか。よく知らんけど。

うな達/ポークカレー

f:id:natsuki_natsu:20170401223954j:image

ポークカレー(大)。金曜日限定メニュー。

鰻屋さんなのにカレーが大人気というふしぎなお店。このカレー過去にはテレビで紹介されたこともあるとかで早いと13時ごろにはなくなってしまうらしい(ちなみに開店は11時半)。

かなり時間をかけて煮込んでいるらしくルーはドロっと系の濃厚タイプ。あーもうめっちゃ野菜が溶け込んでますねわかります。

コクがあって甘みがあってちょっとだけ辛くて早く次の一口が食べたくなる。美味い。家庭的なカレーの延長線上にいるようなそんな味。これがワンコインで食べられるってんだから世の中まだ捨てたものじゃない。

ちなみにお店の方はめっちゃ忙しそうなのに丁寧に接してくれるし、中盛の少なめなんてイレギュラーな注文にも対応してくれるようなので本当に入りやすいいいお店だと思う。