読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だらけ人の迂回路

美味しいを分かち合う。

洋食居酒屋アキチ/岩手県産真ガキ、他

f:id:natsuki_natsu:20170322230805j:image

岩手県産真ガキ(2ヶ) 。飲み物はデュワーズハイボール

ジューシーでプリプリで最高に美味い。海のない埼玉でも美味い牡蠣が食える時代だ。素晴らしい。世界はこんなにも輝いている。

そしてまるで何かの間違いのような1個250円という価格。本当に間違いじゃないのか数日経った今でもちょっと心配だ。

f:id:natsuki_natsu:20170322225911j:image

洋風もつ煮込み。美味い(小並感)。この日の煮込みは特に柔らかかった。もつの脂味とトマトの濃い旨味が合わさってとんでもないことになっている。味の秘密を知りたい。マジで。

f:id:natsuki_natsu:20170322225921j:image

パルマ産プロシュート。しっとりと柔らかいし何より脂が美味い。美味すぎて噛むほどに涅槃が近づく。この世の豚モモ肉はみんな生ハムにするべきじゃなかろうか。

以上、2017年初の外飲みの様子でした。今年もつまみの美味しいお店と出会えるようにふらふらと新しいお店を開拓していきたい。

玉香園/黒酢酢豚定食

f:id:natsuki_natsu:20170221195820j:image

黒酢酢豚定食(日替わりのAセット)。

外食で酢豚を頼んでこんなに肉がゴロゴロ入ってるものが出てくるなんて誰が想像できただろうか。ぼかぁ感動で泣きそうだよ。

まろやかな黒酢あんが程よくすっぱくて甘くて美味い。無心になる。世界がご飯と酢豚と自分だけになる。セカイ系酢豚だ。

何気にスープもかなり美味い。とろみ×豆腐の組み合わせが好き。こういう端役がちゃんとしてるごはんっていいよね。

神田たまごけん/ハヤシとトマト

f:id:natsuki_natsu:20170221195534j:image

ハヤシとトマト(中盛)。

ここのオムライスは不思議だ。謎の中華感がある。中のケチャップライスを強火で炒めてるからだろうか。どことなくチャーハンっぽさを感じる。

トマトソースは酸味強めのあっさり味。ハヤシソースは苦味強めのオトナ味。どちらもまろやかな卵と混ざり合うと美味い。

正直なところ初めて食べたときはあまりにも想像してたオムライスと違ってなんじゃこりゃって思ったんだけど何回か食べてみるうちに「これはこれでアリじゃん」て思うようになった。味覚の幅が広がるオムライスなのかもしれない。

クアアイナ/厚切りチェダーアボカドバーガー

f:id:natsuki_natsu:20170314004021j:image

厚切りチェダーアボカドバーガー(2/1LB)。パンはカイザーロール。

コレのどこがバーガーよって思うだろ。俺もそう思った。包んでお召し上がりくださいって言われてもどうやってだよって思うだろ。俺もそう思った。

f:id:natsuki_natsu:20170314004208j:image

無理やり紙で包んでなんとか形にしたものがこちら。一口目からもうバカみたいに美味い。肉。これはとにかく肉。パンがどうだとかチーズがなんだとかあんまり関係ない。とにかく肉の力強い美味さに気圧される。

もう食べてるのがハンバーガーなのかハンバーグなのかわからないほどの肉感。すごくイイ。肉うまい。ひき肉ってこんなに美味かったんだな。日本の食文化がここまで栄えて良かった。魚と米だけを食べる民族で終わらなくてよかった。

富士そば/かつ丼セット

f:id:natsuki_natsu:20170310001217j:image

かつ丼セット(かけそば)。

セットのそばはミニサイズだと思いこんでいたため普通サイズで出てきて面食らう。3マス戻る。

安い早い味はご愛嬌のファストフードだけどかつ丼はなかなかどうして結構美味い。ベースの味付けがそばつゆなのかな。カツオだしっぽい風味が主張してくる。

箸休めの漬物も嬉しい。かつ丼と漬物って素晴らしい主従関係だと思う。前前前世あたりでは殿とサルみたいな関係だったに違いない。

またかつ丼が食べたくなったら行こう。もしくは今調べたら富士山もりそばとかいう麺3玉の山盛りそばがあったからあれに挑みたくなったら行こう。

麺屋銀星/煮干し中華そば

f:id:natsuki_natsu:20170221150231j:image

煮干し中華そば。

非常にマジメなラーメンだ。シンプルな見た目。驚かしてやろう感はまるでない。でも食べてるうちに何度も驚く。

まず具が熱い。チャーシューもメンマもあっつあつだ。冷蔵庫の中のタッパーからひょいと乗せただけじゃない。熱いラーメンに乗る具は熱くて当たり前だろと説かれている気がする。

そしてスープの力強さがすごい。別メニューの濃厚と区別するためか食券には(あっさり)と書かれていたけど、誤解を恐れずに言うならこれはあっさりではない。殴りつけてくるような煮干しの香りと味。あっさりスッキリではない。インパクトのある強い煮干し醤油スープだ。

f:id:natsuki_natsu:20170221151042j:image

卓上の煮干し油をかけると香ばしさがアップする。炙りチャーシューとの相性もいいし、このスープにはロースト感がマッチするのかも。

めちゃめちゃ美味かった。ヒヨって普通盛りで頼んだことが悔やまれる。

玉香園/五目焼きそば

f:id:natsuki_natsu:20170217001932j:image

五目焼きそば。もうこのファーストビューが豪華だと思いません?

具は白菜、タケノコ、にんじん、キクラゲ、豚肉、イカ、えび、チンゲン菜。僕の世界ではこれは八宝菜と呼ぶ。これを五目焼きそばと呼ぶなんて奥ゆかしすぎる。岡目八目かよ(←言ってみたかっただけ)。

同類のえび焼きそばと比べて味が濃い目。野菜の甘さが際立つ。おいしくてとても美味い(混乱)。これまでこの店の最強メニューはえび焼きそばだと思っていたのにまさか五目焼きそばがこんな高レベルだったなんて。僕はいったい何を信じればいいんだ。